TeamPage 6.0.09 | ページ内プッシュ型通知

この記事では TeamPage 6.0.09 での変更を紹介します。今回のアップデートで、従来のメールによる通知に加えて、TeamPgae のページ内の通知が利用できるようになりました。ユーザーごとにウォッチしている項目の新着、更新(編集)、タグ変更などが通知されます

機能や改善

ウォッチ アラートの通知機能

ページ上部のメニューに、ウォッチしている対象の未読数が表示されるようになりました。

メニューをクリックすると、未読一覧のパネルがドロップダウン表示されます。パネル上で、すべてを既読に変更したり、既読の項目をクリアしたり、未読の項目だけに絞り込んだりできます。

ページ内通知

この通知の一覧は、ユーザーのプロフィール ページの [通知] > [通知] タブでも確認できます。

通知一覧

この未読通知は、次のウォッチ機能によるメール通知と同じ購読設定を使用します。

  1. サイドバーのウォッチ メニューで手動で設定した、スペース、ユーザー、タグ、記事
  2. 自動的にウォッチ設定されている、自分が担当するタスク、自分が投稿した記事の変更、自分が参加したことのあるディスカッション スレッド

ユーザーが未読記事を TeamPage で閲覧すると、自動的に既読状態になります。TeamPage は、Web ソケットを使ってサーバーとブラウザーの間のチャンネルを開いたままの状態にして、サーバーがブラウザへ未読数をプッシュ更新したり、ブラウザがサーバーへ既読、未読、既読のクリアなどを知らせたりするようになりました。

Web ソケットが利用できない Web ブラウザを使用している場合や、サーバーが Web ソケットを使用できないように設定されている場合、ユーザーはプッシュ型通知を受信できませんが、TeamPage Web クライアントは、ユーザーが別のページに移動したり現在のページを再ロードしたりする度に未読の数を更新します。

これらの変更のため、「メール通知」「ウォッチ通知」「アラート通知」など、これまで使われてきた関連用語の統合し、単に「通知」と表現することにしました。また、ずっと前から使われてきたメール通知機能(いわゆる「ウォッチ通知」ではなくセクションで定義されるタイプの「メール通知」)と Jabber 通知のイベントリスナーを廃止しました。これらの通知機能は、今後新たに追加プラグインとして提供される予定です。

その他

• サーバーセットアップ > ユーザー > ユーザー一覧 と サーバーセットアップ > スペース > スペース一覧 の一覧表を刷新して使いやすくしました。

• TeamPage に組み込まれた Jetty Web サーバー のバージョンを 9.15 から 9.21 にアップデートしました。

TeamPage フィード リーダー で、CSV ファイルから購読対象フィードを一括登録できるようになりました。

• 画面上の日本語表記(日本語翻訳)を改善しました。

• DoS フィルター機能を既定で無効に変更し、必要に応じて有効にするための設定を追加しました。

• 記事中に表示される添付ファイルの URL 表記を変更し、Microsoft Word, Excel, Powerpoint のファイルを Microsoft Internet Explorer でクリックしたとき、Microsoft Office で直接閲覧したり編集したりできるようにしました。(ユーザーの権限によります。また、IE のバージョンによっては動作しません。)

• ログイン画面にリダイレクトされたユーザーに表示されるエラーの取り扱いを改善しました。これまでは、エラーメッセージは URL にパラメーターとして組み込まれていましたが、このバージョンからは URL には含まれなくなります。

• SMTP の設定画面に、TeamPage の SMTP サーバー使用のオン/オフを切り替える設定を追加しました。

• TeamPage の TinyMCE リッチテキスト エディターが、iPad や iPhone など、iOS デバイスでも動作するようになりました。

• TinyMCE リッチテキスト エディターのメニューやボタンを国際化し、ユーザーの言語設定に合わせて(日本語が選択されている場合は日本語で)表示されるようになりました。

• ブラウザ上の Proteus スキンの画面に表示される、ある種の予期しないスクリプト エラーの取り扱いを変更しました。以前のバージョンまでは画面上に表示されず、誰も気が付かなかったエラーを、このバージョンから画面に表示させ、問題の発生を認識できるようにしました。

• パスワードのリセット画面に表示されていた古いロゴ画像を新しいロゴ画像に変更しました。

• スペースセットアップ > ダッシュボード > 表示 に表示される設定項目の説明文を更新しました。

• 画像の挿入/編集ダイアログで [適用] がクリックされた後も [OK] や [キャンセル] をクリック出来るように修正しました。

• サーバーセットアップ > ネットワーク > HTTP サーバー の [ポート] 設定で、TeamPage の Web サーバーが使用するポート番号を変更したとき、変更を反映させるために再起動を促す注意メッセージを表示するようにしました。以前のバージョンでは、紛らわしいメッセージが表示されていました。

• WebDAV フォルダ中のファイル一覧を得るときに発生するある種のエラーの取り扱いを改善し、WebDAV フォルダ中の残りのコンテンツが表示され続けて通常と同じように操作できるようにしました。

• 特定のバージョンの Internet Explorer を使用している場合に、フォーム中のフィールドにフォーカスを移せないバグを回避するようにしました。例えば、文字を入力しようとしてテキスト入力欄をクリックしてもフォーカスが移らず、文字を入力できないなどの問題が発生していました。これは Internet Explorer の新しく発見されたバグです。詳しくは github.com/jwysiw... を参照してください。

バグ修正

• 既存の記事を編集するとき、下書きのデータが正しく読み込みされなかったバグを修正しました。

• RSS や Atom フィードのダウンロードに失敗したとき、ごく稀な条件において、フィード マネージャーの画面にアクセスできなくなるバグを修正しました。

• 管理者が他のユーザーのパーソナルセットアップ > ユーザー設定 を表示しているときに、自分のパーソナルセットアップ > ユーザー設定 > ブラウザの [ブラウザ固有の設定] ダイアログを表示するためのラベルやボタンが表示されなくなるバグを修正しました。

• コンソールまたはサーバーセットアップ > 一般 > サーバー管理 から TeamPage の停止リクエストが行われるとき、バックグラウンドで動作しているすべてのタスクが終了する前に Web サービスがシャットダウンしてしまう可能性のあるバグを修正しました。

• サービスとしての TeamPage が終了してもバックグラウンドで動作しているデーモンのプロセスが終了せずに動作し続けようとするバグを修正しました。このバグによる害はありませんが、ログファイルに警告やエラーが記録されます。

• 一部の WebDAV クライアントが TeamPage の認証に失敗するバグを修正しました。

• TeamPage 内部での TeamPage の WebDAV サービスへのリクエストが DoS フィルター機能によってスロットルされてしまう問題を修正しました。このバージョンから、TeamPage 内部での WebDAV リクエストは DoS フィルターの対象外となります。

• iOS デバイスでインライン コメント フォームを開く際のバグを修正しました。このバグは、画面には表示されませんが、ログにエラーとして記録されていました。

• ある操作手順によって誤った記事 ID がリクエストされたときに「ArrayIndexOutOfBoundsException」エラーが表示されるバグを修正しました。

• 招待メールの [TeamPage の使用を開始する] ボタンの色を正しい緑に戻しました。

• 完了したタスクの段落やコメントへの未完タスクが、完了したタスクと同じ色で表示されてしまう、スタイル設定の問題を修正しました。

• 非アクティブからアクティブに戻されたスペースの、スペースセットアップ > タグ とスペースセットアップ > メールボックス の一部が表示されないバグを修正しました。

• イベント記事(予定記事)の投稿者として閲覧中のユーザーが表示されてしまうバグを修正しました。

• 1件の記事をエクスポートするためのアクション名が「Export Articles」になっていたのを単数形の「Export Article」に修正しました。(この問題は日本語ロケールでは発生しません)

•TeamPage の WebDAV サービスがファイルやフォルダをロックする方法を変更し、直前の識別子と Mac OS X Maverick Finder の WebDAV クライアントとの非互換性を修正しました。前バージョンまでは、Finder でファイルをアップロードまたは作成しようとしたとき、0 バイトのファイルが作成され、その後、Finder が「The operation can’t be completed because the item [file name] is in use」というエラー ダイアログを表示しました。

•サーバーセットアップ > メール > ダイジェストの [サーバー ダイジェストの受信者] 設定と [ダイジェストに含めるスペース] 設定を変更したとき、実際には変更は正しく保存・適用されているにもかかわらず、画面上は適用されていないように表示されるバグを修正しました。

•共有フォルダへの新規ファイルのアップロード権限や既存ファイルの更新権限がないユーザーが、共有フォルダ画面にファイルをドラッグしたとき、[ここへファイルをドロップ] メッセージが表示される問題を修正しました。

• 特定のバージョンの Internet Explorer で、TeamPage の様々な投稿フォームで使われているスペースやプロジェクトの選択オプションが JavaScript のエラーを発生させる問題を修正しました。このエラーは通常の画面上には表示されません。(スクリプトのデバッグ情報に表示されます)

開発者向けの変更

• 「メールで返信する」フォームの "email_replyto" フィールドの既定の値が、常にユーザーの既定のメールアドレスで上書きされてしまう問題を修正しました。

• Traction SDK 内のいくつかのパブリック API を変更して、ログイン、認証、そしてその他のセキュリティ エラーなどを扱いやすくしました。

•その他、いくつかの変更

Page Top